晩菊

女体についての八篇

中公文庫

安野モヨコ / 太宰治

2016年4月30日

中央公論新社

638円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

混浴温泉で出会った裸体の少女と意外な場所で再会する「美少女」。五十を越えてなお美貌をたたえる女と元愛人が互いの思惑を秘めつつ駆け引きをする「晩菊」。太宰治、岡本かの子、谷崎潤一郎、林芙美子、芥川龍之介、石川淳、森茉莉、有吉佐和子らが遺した“女体”をめぐる八篇に、安野モヨコが珠玉の挿絵で競演。少女から喜寿を迎えた老女まで…さあ、日本の「女体美」を味わいませう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star
star
1.9

読みたい

6

未読

6

読書中

0

既読

5

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください