持統天皇と藤原不比等

中公文庫

土橋寛

2017年3月22日

中央公論新社

770円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

草壁皇太子の病死後、〓(う)野讃良皇后(持統天皇)は、孫である軽皇子(文武天皇)による皇位継承の協力者として藤原不比等を選んだ。不比等と盟約を結んだ背景にはどのような人脈があったのか。日本古代史を規定した盟約の内容を探り、その後の協力体制の展開を追う。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください