蓮の数式

中公文庫

遠田 潤子

2018年1月23日

中央公論新社

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

三十五歳の千穂は不妊治療を始めて十年、夫と義母からの嫌味に耐え続けてきた。ある日、夫が酒に酔った男・透を轢いてしまう。謝罪のため透を探す千穂は、彼が算数障害だと気付き手を差し伸べる。だが、二人の関係を怪しむ夫。一方的に疑われ、これまで抑えてきた感情を爆発させた千穂は、家を飛び出し透の元へ逃げるのだったー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.87

読みたい

8

未読

1

読書中

0

既読

11

未指定

16

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

遠田潤子「蓮の数式」

--
0
2019年12月18日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください