谷崎潤一郎全集(第22巻)

谷崎潤一郎

2017年5月6日

中央公論新社

7,480円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

日常から突如奇想が展開する「過酸化マンガン水の夢」、死に至る限界まで妻の肉体にうちこむ夫と、誘惑する妻ー性の駅楽と恐怖を追求した問題作「鍵」。継母への憧れと夭折した生母への思慕から二人を意識の中で混同させてゆく主人公を描く「夢の浮橋」など、老いや母恋いをテーマにした円熟期の秀作を収載する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2020年03月12日

小野篁の妹の恋の事 読了 春琴抄と少し被るけれど小説にしてほしかった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください