謀殺の翼747

C・novels

山田正紀

1989年6月1日

中央公論新社

748円(税込)

ライトノベル

羽田を離陸直後、中央航空の802便がハイジャックされた。30億のダイヤを要求する犯人を乗せ、洋上を次第に陸から遠ざかるボーイング747。だがその背後に、米軍の大型軍用機が迫りつつあった。国家緊急空中指揮、E-4Bだ。核戦争の勃発で地上司令部が全滅しても、大統領らを乗せて空中に逃れ、報復攻撃の命令機能を確保しようという機体である。そんなE-4Bがなぜここに?また乗取り犯と802便の目的地は?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください