鳥取雛送り殺人事件

C・novels

内田康夫

1991年2月21日

中央公論新社

832円(税込)

ライトノベル

「新宿歌舞伎町で男が死んでいます。頭部の外傷からすると他殺の疑いが…。」事件は、妙に要領のよい110番通報から始まった。浅見光彦と名乗るおかしな第一発見者から、現場に残されたわら細工の捜査を強要され迷惑顔の警察。だが、被害者が雛人形作家であり、この遺留品が鳥取の流し雛に用いられた桟俵であることが判明した直後、若い刑事が鳥取で失踪した。運命の糸に導かれ、門跡尼寺の神秘的雛人形の世界に迷い込んだ浅見は…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください