在原業平殺人事件

C・novels

山村美紗 / 西村京太郎

1997年7月25日

中央公論新社

935円(税込)

ライトノベル

早川明子は、京都・大野原の十輪寺で京南大学文学部助教授の細川和也と知り合う。彼は平安文学を研究し、「在原業平の寺」で出会うに相応しい美青年であった。後日、明子は和也から誘われ学者たちが集う新年会に出席するが、教授の次女との結婚が噂される助手が、毒入りワインで殺害される。数日後には、講師の一人が長岡京跡で毒物死した。学長選を控えた派閥抗争の果てか、学説の対立なのか? それとも教授の美しい二人の娘をめぐる愛憎劇か? 恋人の和也に対し愛と疑念の狭間で揺れながら明子は、京都府警・狩矢警部と二人三脚で推理する…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください