修羅の波濤(外伝 1)

C・novels

横山信義

1997年11月30日

中央公論新社

880円(税込)

ライトノベル

二式大艇に刻まれた桜のマークは、生還への希望-死闘が繰り返される中部太平洋最前線グアム島。そこに撃墜機搭乗員の救援活動に専念する部隊があった。二等飛行兵新見正樹は偵察員としての初仕事で見事な成果を挙げるのだが…。裏方に徹し、多大な攻績を挙げた907空5号機。その始末記を少年兵の成長と重ね合わせた「生命は我が戦果」。他に、敵地に孤立した米海兵師団への駆逐艦隊の危険な補給作戦を描く「カムヒア、ミッキーマウス」。米潜水艦艦長と帝国海防艦艦長の息詰まる死闘と奇妙な交錯を浮き彫りにした「蒼海の牙」の2篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください