蒼海の尖兵(3)

C・novels

横山信義

2000年10月31日

中央公論新社

942円(税込)

ライトノベル

ベンガル湾制圧の橋頭堡を築くべく、日米連合軍はアマンダン、ニコバル両諸島に進出、航空基地化を図った。対する欧州軍はインド東岸から英重爆隊を発するが、P38転用の二式重戦「双龍」がこれを撃退。さらにB17と一式陸攻の空爆によりマドラスの駐印英軍基地は潰滅した。次なる目標はセイロンーゲーリング率いる独空軍歩兵師団が待ち受ける、インド洋最大の障壁である。新鋭機とUボートに護られた“不沈空母”に向け、日米海軍の総力を挙げた大機動部隊の攻勢が始まる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください