蒼海の尖兵(9)

C・novels

横山信義

2002年4月30日

中央公論新社

942円(税込)

ライトノベル

日米機動部隊の航空攻撃で独スコットランド空軍基地は壊滅。制空権は日米連合軍が握った。英国本土奪回の機運が高まる中、ヒトラーは大海艦隊の出撃を命じる。ドイツ最強艦隊のめざす先は、連合軍上陸部隊が集結するヘブリディーズ諸島。さらにドイツ艦隊と連動して英国本国艦隊、仏本国艦隊も動き出す。それに対し、総力をあげて迎撃に向かう日米艦隊。大海艦隊の撃滅なくして、英本土、欧州解放はありえないのだ。はたして英国を制する者は。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください