SRO

警視庁広域捜査専任特別調査室

C・novels

富樫倫太郎

2009年10月31日

中央公論新社

1,100円(税込)

ライトノベル

警視庁刑事部に新設された広域捜査専任特別調査室ー別名「SRO」。総勢七名の小所帯だが、室長の山根新九郎以下、調査官全員がキャリアだ。管轄の枠を越えた日本版FBIともいえる花形部署SRO。だが、その内実は曰く付きの部署だった…。そして、設立早々、身元不明の白骨死体が山梨で発見される。川久保警部を伴い現地へと向かう山根には、ひとつの推論があった。それは「ドクター」と呼ばれる連続殺人犯の存在だったー。日本警察組織の限界と盲点を衝いた、前代未聞の凶悪犯罪に挑むSRO調査官たち!その活躍と心の葛藤を描く、新時代警察小説の傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar 3

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

7

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください