社会学の方法的立場

客観性とはなにか

盛山和夫

2013年11月15日

東京大学出版会

3,520円(税込)

人文・思想・社会

少子高齢化、社会保障の危機、グローバリゼーション、環境と科学技術リスク、格差と貧困ー。社会学が取り組むべき現代的課題は数限りなく存在する。しかし、そもそも社会学的方法の特質とその意義はどこにあるのか?社会学理論の再構築をめざす新たな挑戦。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください