時宗(巻の4)

高橋克彦

2001年7月31日

日本放送出版協会

1,760円(税込)

小説・エッセイ

時頼の死から十一年後、日本に狙いを定めたクビライの軍団がついに大陸から出撃を開始する。鎌倉幕府執権の北条時宗は国を守り抜くため、父が遺した究極の作戦の封印を解いた。そして九州の武士団を中心とした時輔と太郎率いる日本軍は、怒涛の勢いで押し寄せる蒙古の大軍と、度重なる激闘を展開する-。歴史の大転換期を駆け抜けた鎌倉の男たちの、熱き魂を描いた待望の最終巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

15

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

kojongsoo8318

호조 도키무네

starstarstarstar 4.0 2019年03月19日

소설이 이데올로기로서 기능되는 전형적인 캐이스

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください