モリー先生との火曜日普及版

ミッチ・アルボム / 別宮貞徳

2004年11月30日

日本放送出版協会

1,045円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

スポーツコラムニストとして活躍するミッチ・アルボムは、偶然テレビで大学時代の恩師の姿を見かける。モリー先生は、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていた。16年ぶりの再会。モリーは幸せそうだった。動かなくなった体で人とふれあうことを楽しんでいる。「憐れむより、君が抱えている問題を話してくれないか」モリーは、ミッチに毎週火曜日をくれた。死の床で行われる授業に教科書はない。テーマは「人生の意味」について。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.5

読みたい

12

未読

4

読書中

3

既読

34

未指定

43

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

ようざん

モリー先生の素晴らしい人間性

starstarstar
star
3.5 2021年01月30日

モリー先生の自分の死が近づいてなお、自分が与えられるものを与えようとする姿や、紳士的な立居振る舞いに胸を打たれた。こんな先生に巡り会いたいと思った。

全部を表示

ひなまる

人生の教訓

starstarstarstar 4.0 2020年09月23日

洋書は読み慣れないが、この本は自然な日本語で読みやすかった。モリー先生の言葉ひとつひとつに心打たれた。自分の人生について改めて考えさせられる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください