春の詩100選

漢詩をよむ

NHKライブラリー

石川忠久

1996年3月20日

日本放送出版協会

1,068円(税込)

人文・思想・社会

春の訪れは、人の心を浮きたたせる。心地よい春風に誘われ戸外へ出てみる。雨に濡れた梨花や桃花が目を楽しませ、柳の絮が雪のように舞い飛ぶ。やがて花も凋み晩春の景に感傷をそそられるうち、いつしか季節は初夏へ。花に、鳥に、雨に、風に、詩人たちは季節の移りを敏感にとらえて詩に詠ってきた。古来、親しまれてきた名詩の中から、日本人の感性に訴える春の詩100首を精選し、漢詩の魅力をじっくり味わう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください