外尾悦郎、ガウディに挑む

解き明かされる「生誕の門」の謎

NHK出版新書

星野真澄

2012年5月31日

NHK出版

858円(税込)

新書

天才建築家ガウディが設計したサグラダ・ファミリア教会。着工から130年、遂に教会の顔となる生誕の門の「扉」の制作が始まった。その大役を担う日本人彫刻家・外尾悦郎ーバックパック一つを背負ってバルセロナに流れ着いた青年が、33年の月日の果てに掴んだガウディの遺志=思想の核心とは何か。その人生を辿りながら、集大成の仕事に挑む外尾悦郎の「今」を描き出す。長期密着取材にもとづく迫真のドキュメンタリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

2

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください