流通大変動

現場から見えてくる日本経済

NHK出版新書

伊藤元重

2014年1月31日

NHK出版

858円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

流通業界ではメーカー(上流)、問屋(中流)、小売(下流)の垣根がなくなり、チャネルリーダーのポジションをめぐる戦いが激化している。壮絶な主導権争いは消費者にどのような影響を及ぼすのか。30年間にわたって流通の現場を歩き、「ウォーキング・エコノミスト」と呼ばれる経済学者が、マクロとミクロ両面の視点から大きく動き始めた日本経済を見通す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

2

既読

6

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年10月25日

チャネルリーダーがメーカーから小売業に移っている。 より多くの商品をアジアに輸出し、そしてより多くの商品をアジアから輸入する。そうした双方向の貿易を拡大していくことが日本経済の活性化のためには必要となる。(P.225) 非常にすっきりち頭に入って来て分かり易かった。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年05月24日

チャネルリーダーがメーカーから小売業に移っている。 より多くの商品をアジアに輸出し、そしてより多くの商品をアジアから輸入する。そうした双方向の貿易を拡大していくことが日本経済の活性化のためには必要となる。(P.225) 非常にすっきりち頭に入って来て分かり易かった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください