「司馬遼太郎」で学ぶ日本史

NHK出版新書

磯田道史

2017年5月6日

NHK出版

858円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

当代一の歴史家が、日本人の歴史観に最も影響を与えた国民作家に真正面から挑む。戦国時代に日本社会の起源があるとはどういうことか?なぜ「徳川の平和」は破られなくてはならなかったのか?明治と昭和は本当に断絶していたのか?司馬文学の豊穣な世界から「歴史の本質」を鮮やかに浮かび上がらせた決定版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(18

starstarstar
star
3.59

読みたい

24

未読

21

読書中

15

既読

88

未指定

125

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.2 2019年11月18日

司馬遼太郎の歴史小説を通じ「明るい明治」から「暗い昭和」に向かった過程を検証。あくまで合理的に国造りを考えた志士から日清・日露の連勝を経て奢り敗戦に至る過程は悲惨で、司馬遼太郎が昭和の小説を書かなかったながらも後の世代に向けて発信したメッセージは重い。

全部を表示

オレひょう

(無題)

starstarstarstar
star
4.1 2017年09月10日

禁断の歴史家による司馬遼太郎文学論。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください