夏への扉

ハヤカワ文庫

ロバート・A.ハインライン / 福島正実

2010年1月31日

早川書房

814円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。最愛の恋人に裏切られ、生命から二番目に大切な発明までだましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ。そんな時、「冷凍睡眠保険」のネオンサインにひきよせられて…永遠の名作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(35

starstarstar
star
3.83

読みたい

76

未読

35

読書中

8

既読

171

未指定

133

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ロバート・A・ハインライン「夏への扉」

--
0
2019年12月20日

みんなのレビュー (5)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2021年04月10日

なんじ

可もなく不可もなく

starstarstar
star
3.1 2020年11月03日

当たり前だが執筆から60年以上経ってることもあり今読んでも目新しいことは何もなく想像の範囲内で物語が進行していく。 面白かったかと問われれば首をひねるが読後感が爽やかだったので許せた。

全部を表示

ようざん

面白かった

starstarstarstar 4.0 2020年09月12日

SFについてはあまり手を出してこなかったので、評判の良い本作を読んでみた。 他のSFがどう言ったものなのか、よくわからないので比べられないが、ストーリーの構成もしっかりと練られており、色んな伏線もしっかり回収されていてよかった。 また、ロボットなどやコールドスリープなどの情報技術についてもしっかりと説明がされていて、荒唐無稽で読み手が苦労するというものではなく、それとなく受け入れられるように工夫されていた。

全部を表示

紫陽花

(無題)

starstar
star
2.9 2020年05月19日

最後のどんでん返しが素晴らしく、後半は勢いであっという間に読み終えてしまった まさかこんなハッピーエンドの形になるとは想像もつかなかった ただ、機械技術に触れる部分や海外の作品ともあって読み慣れていなければ少し難しく感じる部分もあるかもしれない

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年12月05日

コールドスリープ、ロボ、時間旅行(タイムワープ)。要素が多く、ごった煮のイメージ(ロボいるか?)。 コールドスリープというギミックに見せかけて要所要所で出てくる謎伏線がタイムワープで解消されていく、単純明快ですっきりする。この流れは今となってはよく見るが、1956年でもあるあるだったのかは、はたして分からない。多分時代的には最先端なのだろう。ピート、リッキィ、うまく丸まってよかったネ。 コールドスリープの話かと思ったらそれはただの舞台装置であり、タイムワープこそがメインプロットだったのだ!後出し感が強い。 ピートが可愛いという感想がゲームアプリ「Alter Ego」であったが、これについては微妙。主人公ダンの味方がリッキィしかいないのを補填する目的だったのであればあまりにも役割がショボすぎるし、チャックもサットン夫妻も味方だったではないか。「夏への扉」という概念も表題として高々と掲げられているが、①物語に必要だったかと言われればさほど、という感じ(最初と最後にしか出てこない)し、②作中の色付け(表現・彩色作用)だとしても最初と最後だけというのは後付けっぽいと思ってしまった。アメリカ人(あるいは私以外の外国人)は物語全体を見て「ヨシ」とするため、ムラを気にしないのか…? 猫のピートは置いておいて、リッキィは良かった。個人的にはそちら主体でもいいくらいだったが、SFにしては触れているだけ歩み寄った方だと思う。ベルが徹底的に悪と描かれているのに対し、リッキィの純粋さや想いの強さがダンの信頼を読者に納得させた。「ほーん、ビダンやな」で終わる人もいるかもしれないが、私は議論するなら強く推したいポイント。 技術屋は経営者によって必ず不幸な目に遭うのか? 「あなたのための物語」のサマンサ然り、ピーキーなぶん、つけ込まれる隙は大きい。ここら辺はどうすればいいのだろう、将来技術者になる自分もよく考えさせられた(尤も、ピーキーな技術屋になるか、経営などのマネジメントに走るかはまだ分からないが)。 「あなたのための物語」のサマンサはぶつかった壁に対し、なお力押しで穿っていったが、本作ダンは、明確な衝突よりも裏で立ち回り出し抜くイメージ。そういう意味では差別化できる。 SFが好きな人が沼る理由 テーマやモチーフがギミックであることが多く、そのギミックがSF同士似ているせいか、比較しやすいのではないか。全く同じギミックでもメッセージを変えると話が変わってきたりする。同じカレーでも辛さを調節するか、隠し味に林檎かコーヒーのどちらか(あるいはどちらも)を入れるか。ギミックという(作内においての)形而下のはっきりしたものだからこそアレンジしやすい→アレンジの比較がしやすい?

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください