バルディオク

ハヤカワ文庫

クルト・マール / ウィリアム・フォルツ

2012年5月31日

早川書房

638円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

地球では、重力渦流と呼ばれる、奇怪な地震か嵐のような現象が多発していた。その原因は、地球がめぐっている恒星メダイロンがブラックホール化しつつあるせいと思われた。このままでは、地球がいずれ大災厄にみまわれてしまうことはまちがいない。しかも、この怪現象には“それ”が関係しているらしい。そこで、アダムスはエデン2を訪れ、“それ”の意図をコンセプトのケルシュル・ヴァンネから、聞きだそうとするが!?-。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.7

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください