解体屋たち

ハヤカワ文庫

ウィリアム・フォルツ / 嶋田洋一

2014年1月31日

早川書房

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

パルトクの城のバリアは、所有者の個体細胞振動に調整された細胞活性装置を保持しているローダンとアトランにしか通り抜けられない。そこで、物質の泉を通過するための“目”の補完鍵を入手しようとローダンとアトランは、“バジス”を待機させ、スペース=ジェットで隻眼のロボット、ライレとアラスカとともに、城の表面に着陸した。だが、そこには謎の宇宙船がすでに着陸していた。城のなかには何者かがいるのだ…!世界最長のスペースオペラ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください