宿命の子ら

ハヤカワ文庫

デ-ヴィド・エディングス / 宇佐川晶子

2006年5月15日

早川書房

1,100円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

マロリー皇帝ザカーズを加えたガリオン一行は、“闇の子”ザンドラマスがさし向けた魔神を撃退し、聖都ケルに赴いた。これまで幻だけで会っていた女予言者シラディスと対面し、一行はついに“もはや存在しない場所”を探りあてる。そしてこの世のはじまりの頃より続いた“光”と“闇”の宿命、いずれかが選ばれる瞬間がやってきた-“ベルガリアード”と“マロリオン”、ふたつの物語の幕引きにふさわしい壮麗なる完結篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

0

未読

7

読書中

0

既読

2

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください