夢魔のふる夜

ハヤカワ文庫

水見稜

1986年9月30日

早川書房

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

悪疫の蔓延と新教徒迫害に揺れるヨーロッパ。ヨハネス・ケプラーは悲惨な境遇を慰める不思議な少女ウラニアに支えられ、宇宙の真理を希求する。そして、自らの理論を証明すべくチコ・ブラーエとガリレオに接近する。だが、ブラーエは最新鋭の観測機器によるデータに苦しめられて謎の死を遂げ、ガリレオは宇宙の絶対者と契約を交わし、ケプラーに敵対するのだった。ブラーエのデータを解明するケプラーは、やがて時間軸を揺るがせて迫り来る恐るべき脅威に直面する。そして、彼に寄り添うウラニアは錯綜する世界でいかなる役割を果すのか…

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください