レダ(2)

ハヤカワ文庫

栗本薫

1988年7月1日

早川書房

576円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

理想社会のシティ・システムは完全で、市民にとってそこは真の楽園であるはずだった。しかしレダとアウラとの出会いは、少年イヴを確実に新たな地平へと導いてゆくー。自分にふりかかる嫉妬、憎悪、そして愛を体験していくうちに、イヴはシティ・システムそのものが抱える問題に直面するのだった。「ぼくが愛していたのはまぼろしのシティに住む、実体のない物語の人びと…」レダ、アウラ、そしてイヴをとりまく状況は、さまざまな人々を巻き込んで、少しずつその矛盾を露出し始めるのだったが…。栗本薫がおくる未来SF大作、第二巻!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください