恐怖の日常

ハヤカワ文庫

村田基

1989年2月1日

早川書房

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ひどくむしゃくしゃする。不輸快な感情が体の中を駆けめぐる。全身に毒素が回り、内臓が焼けただれていくようだ。吐き気がする。もうがまんできない。ぼくはどうなっていくのだろう。これもみんな黒い雲のせいだ。-さりげない日常や家族の団欒の裏側に潜む、真の恐怖を描いた表題作など、不安な現代を生きる病める精神たちの相貌が、ホラー小説の姿をとって描かれる。すでにして、戻るべき場所はない。家庭という名の楽園は失われ、関係性の渦の中で悲痛な叫びを圧し殺すだけ…。そんな新しき世代による、新しき時代のための本格恐怖小説集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください