タナトス戦闘団

航空宇宙軍史

ハヤカワ文庫

谷甲州

1989年3月1日

早川書房

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

カリスト防衛軍陸戦隊のダンテ隊長は月のセントジョージ市に潜入していた。外惑星連合軍の航空宇宙軍艦隊への奇襲攻撃と同時に陸戦隊も後方破壊を行なう。その目標がここにある月面最大の工場群だった。ダンテは気がすすまないながらもこの無謀な作戦準備のため、自ら情報収集を買ってでたのだ。しかしダンテのスパイにあるまじき能天気な行動、駐在武官柏崎中佐の非協力的態度、加えて一枚上手の航空宇宙軍警務隊らの障害にあい、事態は思わぬ方向に動いていく。果たして奇襲作戦は成功するのか。外惑星動乱勃発のときは刻一刻と迫っていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください