プラスティックのしゃれこうべ

ハヤカワ文庫

草上仁

1989年9月1日

早川書房

448円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大昔の電力施設の廃墟を行くジャンジャンの足の下で何かが、乾いた音をたてて潰れた。それは、有機/無機混合系生物ー通常、“人間”と呼ばれる、ジャンジャンの種族のプラスティックのしゃれこうべだった。だが、ジャンジャンがこの場所に足を踏み入れた目的は、伝説の有機系生物の存在の証拠を求めてなのだった…人類滅亡後に地球の支配者となった種族を描く表題作をはじめ、タイムカプセルに詰め込んだ自社製品の効用を見るため、タイムマシンで未来へ行く男の話「タイムカプセル」など、1988年星雲賞受賞作家が描く傑作SF短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください