天冥の標(3)

ハヤカワ文庫

小川一水

2010年7月15日

早川書房

968円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

西暦2310年、小惑星帯を中心に太陽系内に広がった人類のなかでも、ノイジーラント大主教国は肉体改造により真空に適応した“酸素いらず”の国だった。海賊狩りの任にあたる強襲砲艦エスレルの艦長サー・アダムス・アウレーリアは、小惑星エウレカに暮らす救世群の人々と出会う。伝説の動力炉ドロテアに繋がる報告書を奪われたという彼らの依頼で、アダムスらは海賊の行方を追うことになるが…。シリーズ第3巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

14

未読

10

読書中

0

既読

40

未指定

43

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

yuitan_58

壮大なスペースオペラ

starstarstarstar
star
4.5 2017年04月22日

個人的にこのシリーズで一番好きな作品 SFだけでなく、アクション・人間ドラマ・異種間の対立等、多くのジャンルも盛り込まれてる ページ数は五百を超えるが、読みごたえは抜群

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください