over the edge

ハヤカワ文庫

堂場瞬一

2015年4月30日

早川書房

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

視察のため来日したニューヨーク市警のブラウンには裏の目的があった。東京で失踪した旧友を個人的に捜すのだ。旧友は世界的IT企業の幹部で日本支社設立に動いていた。だが調査開始直後、ブラウンは何者かに襲われる。彼を助けたのは元刑事の探偵・濱崎だった。面白いから手伝うという濱崎にブラウンは反発を覚えつつも、いつのまにか手を組むことになり…二人が人種や立場の境(エッジ)を越え辿りついた真実とは?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.9

読みたい

2

未読

18

読書中

0

既読

42

未指定

72

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

確かにそうだな。

starstarstarstar 4.0 2020年06月01日

赤坂見附駅、三宅坂、祝田橋、西新橋一丁目の交差点を四つの角にする変形的な四角の中に、日本の中枢のほとんどが入っていると言っていいだろう。国会議事堂、各省庁、そして警視庁と警察庁。そこに隣接した場所に赤坂の繁華街があり、ヤクザが日夜闊歩しているのも妙な感じだったが、それも当然なのだと思い直す。 悪は、権力に擦り寄るものだ。物理的にも、心情的にも。 (P.16)モーリス・ブラウン 一度失敗した人間は、そこから教訓を学ぶ。どこが失敗への転換点だったかを知り、二度と同じことを繰り返さないように気をつけるものだ。だが、人生は将棋のようなものである。一人で指すわけではく、相手のペースに合わせることも考えなければならない。相手が自分より腕が上なら、負けるだけだ。 (P.336)濱崎

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください