子どもたちは狼のように吠える(1)

ハヤカワ文庫JA

地本草子

2016年6月23日

早川書房

902円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

不法移民の大量流入のため、世界最悪級の犯罪地帯となった日本領サハリン。裕福な日本人家庭に生まれた14歳のセナは、突然父母を惨殺され、ヤクザが子どもたちを玩具にする「学校」に売り飛ばされる。絶望に沈む彼は、そんな逆境を嘲笑う同い年のロシア人移民のニカと出会ったー。全ての理不尽な運命と身勝手な大人たちに復讐するため、ふたりは銃を手に立ち上がる!硝煙弾雨のティーンエイジ・ノワール『少年篇』。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

3

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください