ひとごろしのうた

ハヤカワ文庫JA

松浦 千恵美

2017年1月24日

早川書房

968円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大手レコード会社に勤める元ミリオンセラー・アーティストの大路樹は、「ひとごろしのうた」と題されたデモ音源の歌声と、69年型レスポール・カスタムのギター演奏に魅せられる。「瑠々」というアーティスト名以外、詳細が一切不明のままCDリリースに踏み切った大路だったが、ある日、同曲に影響されたという殺人事件の記事が週刊誌に掲載されてーアガサ・クリスティー賞受賞後第1作となる、出色の音楽業界ミステリ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください