ヴァイタル・サインズ

妊娠徴候

ハヤカワ文庫

ロビン・クック / 林克己

1992年8月31日

早川書房

897円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

不妊に悩む女医マリッサは体外受精に何度か失敗し、夫との間も気まずくなっていた。その矢先に、同じクリニックでやはり妊娠に失敗し、自分のカルテを要求していた女性患者が自殺するという事件が起きた。その女性と自分を含めて同じクリニックに通う五人もの患者が、結核性卵管炎という珍しい病気が原因で不妊になったことを知ったマリッサは、受胎産業の背後に潜む秘密に迫っていく。タイムリーな問題に取り組む話題作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

4

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください