道具づくし

ハヤカワ文庫

別役実

2001年1月31日

早川書房

682円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

気詰まりな対面の座を和ませるため傍らに置いた「おいとけさま」、平安時代に流行した口中遊具「したすさび」、痒いところを掻く快感を味わうための手具「はだなだめ」…いまは忘れられてしまった、不可解だけれども蠱惑的な古民具の数々を紹介しながら、現代人が失った「道具」と「もの」との豊饒なる関係を甦らせる。別役流超民俗学の集大成。『虫』『もののけ』に続く、「づくし」シリーズ幻の傑作、待望の文庫化です。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください