白雪と赤バラ

ハヤカワ・ミステリ文庫

エド・マクベイン / 長野きよみ

1992年3月31日

早川書房

858円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

わたしをここから出して、と精神病院に入院するサラはホープに訴えた。母親と医者の共謀で病院に閉じ込められているという。一方母親は、父親に愛人がいたという妄想に取りつかれた娘が手首を切って自殺を図ったというのだが、それらしい傷は見当たらない。いったいどちらの言い分が正しいのか?とまどうホープの前で、事件は悪夢のような急展開を見せ始めた。巧みな語り口で歪められた親子関係を描くシリーズ最高作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください