スティ-ヴン・ホ-キング

天才科学者の光と影

マイケル・ホワイト / ジョン・グリビン

1992年10月1日

早川書房

1,922円(税込)

人文・思想・社会

全身の神経を侵す難病と闘いながら、「ブラックホールの蒸発」「時空の無境界仮説」などの革命的な理論を次々に生み出し、「アインシュタインの再来」と呼ばれる天才物理学者スティーヴン・ホーキング。本書は、そのホーキングの半生と研究を描いた、初の本格的な伝記である。ごく普通の子供だった少年時代、ろくに勉強もせずボートに打ちこんだオックスフォード大学時代を経て、筋萎縮性側索硬化症の発症、未来の妻ジェーンと結婚、そして病魔と闘いながら多くの画期的な発見をなしとげ、やがて著書『ホーキング、宇宙を語る』の驚異的な成功で世界的名声を得るまでを、家族や友人、同僚たちの証言をもとに描く。また、成功の陰で起きたジェーンとの別離、他の科学者たちとの軋轢など、私生活の裏側にもメスを入れ、「車椅子の天才」の知られざる素顔に迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください