銀河乞食軍団(合本版 2)

野田昌宏

2009年11月30日

早川書房

2,640円(税込)

小説・エッセイ

パムという少女から依頼を受け、彼女の故郷タンポポ村を必死で捜す“銀河乞食軍団”のもとに、ある情報が寄せられた。タンポポ村消失の原因となったバニシング・エンジン“X200”の全開試運転を、星涯星系軍が再度実施しようとしているというのだ。場所は、星涯星系から数光週離れた隠元岩礁。そこで“乞食軍団”の面々は、ひそかに驚くべき計画の準備をはじめ…。そして実験当日、コントロール・センターが置かれている工作艦“左甚五郎”から星系軍本部に入った緊急連絡は、“隠元岩礁消失ス”であった!いったい、何が起こったのか?一方、“乞食軍団”の白沙基地には、タンポポ村跡の大穴に探検のため入っていった虎造が、数カ月ぶりに宇宙服姿のまま現われた。このことから、タンポポ村の行方を追うための強力な手掛かりが…。1982年に発表されるやたちまち大評判となり、日本SF界に燦然と輝くスペース・オペラの金字塔と高く評価される“銀河乞食軍団”シリーズ。第7巻「決戦!金太郎岩礁」から第11巻「タンポポ村、還る!」までの5長篇を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください