月が昇らなかった夜に

ハヤカワepiブック・プラネット

シージエ・ダイ / 新島進

2010年5月31日

早川書房

1,870円(税込)

小説・エッセイ

文化大革命の混乱冷めやらぬ、1978年の北京で、私はその仏典に出会った。フランスからの留学生だった私は、ベルトルッチ監督の『ラストエンペラー』に関する会議に通訳として雇われ、ある聖遺物を巡る物語に触れたのだった。歴代の皇帝が所有していたその仏典は死語となった古代語で書かれ、溥儀も解読に耽溺したといわれるが、彼自身の手で遺棄されて以来、完全な形で目にした者はいないという。その後の私の人生は、のちに愛することになる男と同じ名を持つ言語で書かれたこの仏典に絡め取られていった…。パリ在住中国人の著者が、変わりゆく中国を舞台に描いた仏教版「聖杯伝説」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください