ディアスと月の誓約

乾石智子

2013年4月24日

早川書房

1,870円(税込)

小説・エッセイ

かつて魔法使いが月を引き下ろして創った王国“緑の凍土”。極寒の地で唯一豊穣の恵みを享受するその国を支えるのは、伝説の鹿サルヴィの角。それが崩れるたび、王国は災厄に見舞われてきた。王子でありながら家臣に育てられた少年ディアスは、そこで王位継承争いとは無縁の穏やかな日々をおくっていた。しかし異母兄オブンの奸計により、突如故郷から追放されてしまう。同じ頃、姪であり幼馴染みのアンローサにも危機が迫っていた。角の崩壊に怯え、度重なる危機に疲弊した王国、そしてディアスとアンローサが窮地に立たされたとき、彼らの選択が未来を切り拓くー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.75

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

5

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

あまり

(無題)

starstarstarstar 4.0 2021年07月10日

 乾石智子さんの長編ファンタジー最新作。長編の中では一番短いこともあって、ちょっとすっきりまとめすぎてしまった印象だが、この方の文章それ自体が好きなので、短いながらもかなり堪能させていただきました。魔道師シリーズとも、『闇の虹水晶』ともまた別の異世界での話。例によって例のごとく、最初のほうはわかりずらく、物語の中になかなか入っていけないのだけれど、中盤を超える頃、物語が動き始めてからは、引き込まれるように結末まで一気に読める。構成の巧みな作家さんだと思います。  ところでダシルの民の訛りは山形弁なんでしょうか。実はとても気になっている。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください