菊籬

宮尾登美子

1995年4月30日

文藝春秋

1,601円(税込)

小説・エッセイ

義理という建前ゆえに保たれる“その家”。貰い子の菊を迎えた者たちの葛藤。女の哀れといじらしさを描く表題作など円熟の珠玉作品集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください