破道

とっぱくれ

浜田文人

2006年7月15日

文藝春秋

2,042円(税込)

小説・エッセイ

昭和四十年代後半、全国制覇を目論む神戸の神侠会と兵庫県警は激しく対立していた。密かに神侠会切り崩しを画策する県警本部長。四代目の跡目相続をめぐる激しい内部対立。錯綜する裏切りと策謀。組織瓦解の危機に三人の男たちが立ち上がった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください