モノレールねこ

加納 朋子

2006年11月29日

文藝春秋

1,676円(税込)

小説・エッセイ

時をこえて届くあの頃からの贈りもの。儚いけれど、揺るぎないー「家族」という絆。デブねこの赤い首輪にはさんだ手紙がつなぐ、ぼくとタカキの友情(「モノレールねこ」)。夫を待つ時間に取り組んだ白いパズルの中に、犬の気配が(「パズルの中の犬」)。家族をいっぺんに失った中学生の私と、ダメ叔父さんの二人暮らし(「マイ・フーリッシュ・アンクル」)。私と偽装結婚したミノさんは、死んだ婚約者がそばにいると信じていた(「シンデレラのお城」)。ロクデナシのクソオヤジに苦しめられてきた俺に、新しい家族ができた(「ポトスの樹」)。会社で、学校で、悩みを抱えた家族の姿を見守るザリガニの俺(「バルタン最期の日」)。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.33

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

25

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

四茂山 治樹 (又は桂曲麻呂)

あんまりネタ暴露(ばれ)はねぇ〜(本文に続く)

starstarstarstar 4.0 2018年11月19日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください