聖女の救済

東野 圭吾

2008年10月24日

文藝春秋

1,780円(税込)

小説・エッセイ

男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相はー虚数解。理論的には考えられても、現実的にはありえない。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(29

starstarstar
star
3.83

読みたい

3

未読

16

読書中

0

既読

294

未指定

182

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (2)

クロワッサン

毒物殺人事件

starstarstar
star
3.9 2020年10月17日

シリーズ長編の2作目。新キャラの内海が登場。草薙と内海の意見の食い違いにより2つの視点から事件が見える。恋は盲目。子供問題はデリケート。犯行はお見事。犯人は読んでいたら何となくわかってくるのだが、どうやってやったのかはわからなかった。発想も意外。

全部を表示

Readeeユーザー

まぁまぁ

starstarstar 3.0 2019年03月11日

面白いけど虚数解と言うほどのトリックとは思えない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください