浅草のおんな

伊集院 静

2010年8月10日

文藝春秋

1,728円(税込)

小説・エッセイ

浅草の小料理屋「志万田」はカウンターに七人座れるほどの店で、女将・志万の料理と人柄に惚れた常連客で賑わっている。志万は十七歳のときに惚れた男を追って天草から出てきたが、悲しい別れの後、この土地に店を構えた。三社祭、ほおずき市、隅田川の花火大会…下町情緒あふれる浅草を舞台に、常連客の恋の鞘当てと揺れ動く志万の女心、そしてこの街で助け合って生きていく人たちの美しさを描いた傑作小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください