一刀斎夢録 上

浅田 次郎

2011年1月11日

文藝春秋

1,760円(税込)

小説・エッセイ

新選組三番隊長・斎藤一。鳥羽伏見、甲州、会津。そして死に場所を求め、男は西南戦争へ。血風録の中心にあった男が語る、幕末維新と寄る辺ない少年の運命。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.6

読みたい

4

未読

3

読書中

1

既読

27

未指定

32

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2021年11月20日

浅田さんの新選組もの最新作。本作でも例によって人物の独り語りの文体が用いられている。近衛師団に属する梶原中尉が、明治から大正へと改元された頃、友人から一刀斎こと斎藤一の存在を知り、翁に昔語りを請うという形で話が進んでいく。よって、全体は入れ子構造になっていて、梶原の話が枠物語となっているのだが、こちらのほうも読み進むにつれ話が進んでいくように出来ていて、二重構造の話になっている。   上巻では、斎藤の昔語りはいろいろ時間的に前後したりはするが、芹沢派の初期新選組時代から甲陽鎮撫隊のころまでが描かれている。斎藤の性格造型は、『壬生義士伝』で粗く造られたものを精緻にした、という感じ。重なる部分はあっても僅少なので、単体として読む分にはまったく差し支えないかと思います。浅田さんの描く斎藤の語る、人斬りの美学がめっぽう面白いです。あと斎藤と鉄之助、また土方さんとの関係もなかなか面白く描かれてます。新選組が好きな人にはマスト。

全部を表示

あめさと

(無題)

starstarstarstar 4.0 2021年07月10日

浅田さんの新選組もの最新作。本作でも例によって人物の独り語りの文体が用いられている。近衛師団に属する梶原中尉が、明治から大正へと改元された頃、友人から一刀斎こと斎藤一の存在を知り、翁に昔語りを請うという形で話が進んでいく。よって、全体は入れ子構造になっていて、梶原の話が枠物語となっているのだが、こちらのほうも読み進むにつれ話が進んでいくように出来ていて、二重構造の話になっている。   上巻では、斎藤の昔語りはいろいろ時間的に前後したりはするが、芹沢派の初期新選組時代から甲陽鎮撫隊のころまでが描かれている。斎藤の性格造型は、『壬生義士伝』で粗く造られたものを精緻にした、という感じ。重なる部分はあっても僅少なので、単体として読む分にはまったく差し支えないかと思います。浅田さんの描く斎藤の語る、人斬りの美学がめっぽう面白いです。あと斎藤と鉄之助、また土方さんとの関係もなかなか面白く描かれてます。新選組が好きな人にはマスト。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2018年01月29日

『壬生義士伝(みぶぎしでん)』。『輪違屋糸里(わちがいやいとさと)』。そして『一刀斎夢録』。 浅田次郎の新撰組三部作である。本書では明治の世に巡査となっている斎藤一(はじめ)が見た、幕末維新から西南戦争までの歴史が物語られる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください