はじめての文学 浅田次郎

浅田 次郎

2007年4月16日

文藝春秋

1,361円(税込)

絵本・児童書・図鑑 / 小説・エッセイ

文学の入り口に立つ若い読者へ向けた自選アンソロジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.75

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

8

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2017年06月08日

はじめての文学シリーズ、浅田次郎編。 はじめての文学シリーズに収録される物語は作者の自選となるらしい。 正直なところ小・中学生相手にこれを選ぶのか、と苦笑してしまうほど大人向けの短編が多かった。 あとがきでは、精一杯背伸びして色々な本を読んでほしいと書いてあるので、あえて大人向けの小説家を選んだとも思われるが。そもそも、あとがきに書く内容も高度すぎて、小学生には理解が難しい気もするが。 まったく媚びないし、少し因業な気もしたが。 ただ、文章力はさすがだ。 小・中学生でこれを読めるようになれば、たいていの本はスラスラ読めるようになるだろう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください