はじめての文学 小川洋子

小川 洋子

2007年6月18日

文藝春秋

1,361円(税込)

絵本・児童書・図鑑 / 小説・エッセイ

静けさをたたえた世界の美しさ。文学の入り口に立つ若い読者に向けた自選アンソロジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.1

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

10

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.3 2017年06月08日

小川洋子の作品は初めて読む。 不思議な静けさを持った物語ばかりで、「死」の匂いが漂っている。 この物語は何を意味するのか、この描写は何を示唆しているのか。。。解説を読まないとわからないものが多かった。 流し読みをして、ストーリーを追う類のものではない。 とりあえず「博士の愛した数式」は読んでみようと思う。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください