江戸へ吹く風

岩井 三四二

2012年5月10日

文藝春秋

1,760円(税込)

小説・エッセイ

侍稼業を続けるか否か。安房里見百人衆の金丸強右衛門は主命に従い、船を繰り出し、小田原、京都、名護屋に東奔西走、なのに領地は減るばかり。これが我が家の関ヶ原。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください