すなまわり

鶴川 健吉

2013年8月23日

文藝春秋

1,375円(税込)

小説・エッセイ

少年は、相撲に関する記事をゴシップにいたるまで、なんでも切り抜いた。高校に通う時間が惜しく、相撲部屋の行司になった。知られざる角界を内側から描いた表題作、またニート寸前の若者を描いた第110回文學界新人賞受賞作「乾燥腕」を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください