声のお仕事

川端 裕人

2016年2月12日

文藝春秋

1,540円(税込)

小説・エッセイ

二十代後半にして代表作がない崖っぷち声優の結城勇樹。背水の陣で臨んだ野球アニメ「センターライン」のオーディションで出会ったのは、同世代の人気声優、大島啓吾だった。現場で顔を合わせたことのない結城と、いっしょに仕事がしたいという大島。その理由は、二人の過去にあった。声優たちの世界に光をあてたリアルな青春お仕事小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.5

読みたい

5

未読

3

読書中

0

既読

15

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください