象は忘れない

柳 広司

2016年2月8日

文藝春秋

1,485円(税込)

小説・エッセイ

あの日あの場所で何が起きたのか(「道成寺」)、助けられたかもしれない命の声(「黒塚」)、原発事故によって崩れてゆく言葉の世界(「卒都婆小町」)など、エンターテインメントの枠を超え、研ぎ澄まされた筆致で描かれた五編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar 3

読みたい

4

未読

3

読書中

0

既読

19

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください